ある日のチューニング記録2024-02-15

少し前にチューニングで預かったアンプ

なぜか最初からハムノイズが載っている。
ウチは故障品は預からないのでお客様にハムノイズ出てますけど、と具申。
すると「譲られた時からそういうものだからそのままチューンしてくれ」という。
ハムが乗るということは音に濁りを含むということで、、、せっかく第二世代化してもベストにはならない。。
いろいろ調べてみたらこのアンプ、通電直後にはスピーカー回路を切っておく保護回路が入っているがそれに関係なくノイズが出ている。。ということは、チャージ回路の電源が怪しいということで回路を入り口からトレースした。するとトランスから電源基板に配線を入れている端子台の半田づけに割れが見つかった。ここが接触不良を起こすと、アンプとしてはなんとか動作してても配線がアンテナになってハムノイズを飛ばす。まさにその現象と判明。

端子台の半田を除去して新しく銀ハンダで固定。これでハムノイズはすっかり無くなった。その後予定通り第二世代電源をフル実装してお返しした。

結果、お客様にはすごく喜んでいただけた。「第二世代電源の効果凄い」と言っていたが,、まぁ、それだけじゃないんだよなぁ。。。


店のホームページ刷新しました。2024-02-07

店のホームページは20年前に知り合いに頼んで作ってもらいました。気に入っていたのですが作りの古さが気になりだしました。というのも最近ネットでHTMLを調べていたら「FRAMEを使うのは古い」とか「いまだに使っているページを見かける」とかかなり手厳しいことが書いてありました。確かに当店のページはFRAMEを使っています。まぁ20年間ほぼデザインを変えてませんから仕方ないですが。
そんなわけでHTML5.0の機能を少し齧ってTABメニューとドロップダウンの構成にしました。
スマホでの表示でも不具合にならないように、家のサーバに入れて実験・確認してからリリースしました。ロゴはトップページに入った最初の1秒間だけ動きます。なんとか起き上がるぞ、という気持ちをこめて立ち上がってくるアニメです。
まだ稚拙なコーディングですので、皆さまご覧になってご意見などあればご指摘ください。ただ、
お客様からいただいているたくさんのページが「お客様からのご報告」のタブにまとめてあるのですが、古いものでは私のプラクト開店以前のホームページ(Nagasほーむぺーじ)を参照しているものもあり、それらはリンク切れになっています。これはご勘弁ください。2000年以前のデータはもうないです(^^)
PractHomePage: https://practsoundsystem.jp



第二世代電源+ラダーでバイアンプ2023-07-03

我が家のパワーアンプはSteinMusic製モノラルアンプDuoに第二世代電源を実装したもののデュアル・モノ構成品です。

世にいうバイアンプもやってみようかと、これまで手持ちのアンプを色々繋いで実験してきたのですが、、、、スピーカーは実に伸び伸び鳴るのですが、どうしても焦点がボケてダメでした。そんなわけで、スピーカー付属のバイアンプ用の4端子はこれまでまともに使っていませんでした。
そこで、やはり同じアンプでやらねば、と観念して、もう1セットDuoのデュアル・モノアンプを作成して追加してやりました。(時間もコストもかかってしまいましたが)

つまり、SteinMusic製のモノラルアンプを4台(クアッド・アンプ)でバイアンプ構成として聴いてみました。もちろんカニトランス+第二世代電源4個、ラダースピーカーケーブルも4本です。

一聴してびっくりです。凄いです。
なめらかな音に広く、深く、優しく包まれる感覚。縦・横・奥行き・焦点全てがピッタリハマりました。
生録のCDではコンサート会場の空気感と臨場感に包まれます。第二世代電源+ラダーケーブルでバイアンプすることがこんなに凄いとは、、、、実はこれは当店のお客様に教わったことなのでした。ありがたいことです。

しかし、素晴らしすぎます。バイアンプはやはり、同じアンプを重ねないと根本的な改善にはならなかったのでした。

ひとり悦に入ってます。



USB-PD機器の音の改善2023-06-25

USBでパソコンと接続される機器の中で、ACアダプタで電源供給するものについては、個別に第二世代電源を作ったり、FixCurrnetを入れて改善しています。USB-PDだけで動作する機器についても、その機器をその先のDACに内蔵できる場合はUSBラインからの給電(つまりパソコンからの給電)をカットしてDAC内部に作ってある第二世代電源から給電して実装していました。そうすることでDACの再生音が格段に変わります。USB-HUBについても外部給電のついたHUBにして、もちろん第二世代電源から給電しています。

ただ、USB-PDの機器を必ずしも外部から給電できるとは限らないので、なんとかUSB配線の途中にFixCurrentを入れられないか、とやってみました。FixCurrentだけで済めば、わざわざ電源を別途作る手間も費用も節約できます。
作る前の部品一覧写真です。
FixCurrentを入れる前の部品全体
少し前に買っておいたUSB延長ケーブルを真ん中でカットし、中央部にFixCurrentを入れます。その際、信号線にはシールドを被せて収縮チューブで覆い、電源線だけを引き出して5521ジャック/ソケットをつけてFixCurrentに接続しました。

作ってみたのがこの写真です。
完成品
実験品ですので見てくれは良くありませんが、USB-PDの機器の音が抜群に良くなりました。最初はPCが機器認識しなくなるかも、と心配もしましたがそんなこともありませんでした。
とりあえず自分用に実験として作っただけですが、オーディオインターフェースやUSB DAC、USB スピーカなど、気がついたら我が家には結構USB-PD機器がありますので、しばらく自作を楽しめそうです。



プリアンプは必要か??2023-06-15

プリアンプって、今のオーディオに必要なんでしょうか?
レコードを聞かない世代の現代人にはイコライザー回路は必要ありません。それならメインアンプにボリュームや入力切り替えをつけたほうが増幅回路が少ない分、音の純度が高いのではないでしょうか?CDPやDACなどのソースと、メインアンプとの間に「そこそこの音のプリを挟む」ぐらいなら、いっそプリを取り払ってソースを直接メインアンプに繋いだらどうでしょう・・・
実はそのダイレクト感は驚くほどのリアリティ改善があるのです。プリは「色付けアンプ」であるということがよくわかると思います。

その効果を確認できるようSteinMusic製の128StepRelayATTをお貸し出しできるセットを作りました。ATTの入力はRCA入力を二つまで選択できるようにもしてあります。入力切り替え時のポップノイズも入りません。

128RelayATTBox


128RelayATT背面

128RelayATTとラダーRCAをセットで二週間までお貸し出しします。どちらも色付けの最も少ない機器・ケーブルです。
MiniAMPと同じく、返送時の送料のみご負担願います。

ご希望の方はメールでご連絡ください。
mailto: info@practsoundsystem.com
Web : https://www.ne.jp/asahi/sound.system/pract/